ふるさと納税について

ふるさと納税制度とは

 「ふるさと納税」制度は、地方公共団体(都道府県、市町村)へ寄附を行うことで「ふるさとへ貢献したい」という思いを実現させ、寄附金についての住民税の軽減を行うというものです。
 「ふるさと納税」制度とされていますが、自分の生まれ故郷に限らず、日本全国の地方公共団体へ「ふるさと納税」を行うことができます。
 ぜひ「ふるさと納税」を通じた、西都市のさまざまな取組にご支援をお願いいたします。
 なお、西都市外にお住まいの方で、西都市に1万円以上寄附された方には、地場産品を謝礼品として送付しています。
 ※西都市内にお住まいの方へは、謝礼品をお送りすることができませんので、ご注意ください。

「ふるさと納税」の使い道

 皆様からいただいた寄附金は「西都市ふるさと振興基金」に積み立てて活用させていただきます。
 今年度いただいた寄附金は、来年度実施される事業の財源となります。
 なお、基金の使い道は、皆様から寄附金をお預かりする際に、次のテーマの中からお選びいただきます。

(1)産業の振興に関する事業(農林水産業、商工業、観光業関係)

 これまでに、新規就農者の支援や優良牛の導入の補助に活用したほか、企業立地助成などを行いました。

(2)青少年の健全育成及び学校教育に関する事業

 これまでに、教育環境の充実のための支援員配置の人件費や各種検定試験の補助などに活用しました。

(3)保健及び福祉に関する事業

 これまでに、子供の医療費や予防接種の助成を行ったほか児童館の管理経費などに活用しました。

(4)その他市長が必要と認める事業

 これまでに、超高速ブロードバンド整備や移住・定住促進のための子育て世帯等の住宅取得助成などを行いました。

ふるさと納税の申込手続き

 寄附金の申込み手続は、以下のとおりです。
 寄附申込の受付が完了し寄附金の送金が確認されましたら、西都市より寄附金受領証明書を郵送いたします。

1.インターネットサイトを利用する場合

 西都市が契約しているポータルサイトは下記の6つです。
 偽サイトの存在が報告されておりますのでご注意ください。

 ・ふるさとチョイス(外部リンクへ移動します)

 ・ANA(外部リンクへ移動します)

 ・楽天(外部リンクへ移動します)

 ・ふるなび(外部リンクへ移動します)

 ・さとふる(外部リンクへ移動します)

 ・三越伊勢丹(外部リンクへ移動します)

2.申込書を西都市に送付する場合

 所定の様式による申込みが必要となりますので、下記問合せ先までお問い合わせください。
 なお、寄附金の送金方法は以下の3つから選択してください。

(1)郵便振込

 こちらから郵送する郵便振替用紙を使って郵便局から送金する方法です。
 振込に係る手数料はかかりません。
 郵便振替用紙は、寄附申込書を受付次第送付します。
 振り込まれてから送金が確認できるまで1週間程度かかりますので、あらかじめご了承ください。

(2)現金書留

 最寄りの郵便局から現金書留で送金する方法です。
 郵送手数料は寄附される方にご負担いただくことになります。

(3)銀行口座振込

 指定する銀行口座(宮崎銀行)に、最寄りの金融機関から振り込む方法です。
 振込手数料は寄附される方にご負担いただくことになります。 

寄付金控除について

 「ふるさと納税」制度による西都市への寄附金は、寄付金控除の優遇税制が受けられます。
 寄附金控除額については、個人の所得等の条件によって計算式が異なりますので、詳しいことはお住まいの自治体税務窓口へご相談ください。

ワンストップ特例制度について

概要

 確定申告の不要な給与所得者等が「ふるさと納税」を行う場合、確定申告を行わなくても「ふるさと納税」の寄附金控除を受けられる仕組みが「ふるさと納税ワンストップ特例制度」です。
 特例制度の申請は、
 ・1月1日から12月31日の1年間の寄附先(ふるさと納税先)が5自治体以内
 ・確定申告をする必要のない方
 が、各寄附先の自治体に「特例の適用に関する申請書」を提出する必要があります。
 ワンストップ特例申請書の提出期限は、ふるさと納税をした翌年の1月10日(必着)です。
 ※1月10日を過ぎますと受付出来かねますので、確定申告を行っていただくことになります。

提出の際の添付書類

 ワンストップ特例申請書の添付書類として「マイナンバーの確認書類」のコピーと「本人確認書類」のコピーの添付が必要です。
 本人確認書類は翌年1月1日時点の住民票と同じ氏名、同じ住所である必要があるのでご注意ください。
 手続き等の詳細については、下記Q&Aまたは「申請書様式をお送りする際に同封する文書」を必ずご確認ください。

ワンストップ特例申請等Q&A.pdf

結婚による姓の変更や転居による住所の変更など申請の内容に変更があった場合

 特例申請書を提出した後に、結婚による姓の変更や転居による住所の変更など申請の内容に変更があった場合には、変更申請書を提出する必要があります。
 変更後の情報が分かる「本人確認書類」のコピーを同封し変更申請書を提出してください。
 変更申請書の提出期限も、ふるさと納税をした翌年の1月10日(必着)です。

提出先

 〒881-8501
 宮崎県西都市聖陵町2丁目1番地
 西都市総合政策課 ふるさと納税担当
 ※封筒に「ワンストップ特例申請書在中」または「変更申請書在中」とご記載ください。

様式

 ご寄附の際に「ワンストップ特例を希望する」を選択された方には、寄附日から1~2週間程度で寄附金受領証明書と一緒に郵送でお届けいたします。
 返礼品とは別にお届けいたしますのでご注意ください。

ワンストップ特例申請書 (pdf 107.6 KB)

(参考)記入例 ワンストップ特例申請書 (pdf 183.4 KB)

※申請内容に変更があった場合

変更申請書様式 .pdf

受付完了通知書について

 ワンストップ特例申請書の受理が完了しましたら、本市より郵送で受付完了通知書を送付します。
 メールでの通知はおこなっておりませんのでご注意ください。

12月下旬にご寄附される方へ

 ワンストップ特例申請書の受付期限は1月10日であるため、12月下旬にご寄附された方は特に時間的に余裕がありません。
 大切な寄附金控除についてご安心いただくためにも、西都市からの受領証明書等の到着を待たずに西都市ホームページまたは各ポータルサイトからワンストップ特例申請書をダウンロードし、添付書類を添えて提出してください。

 その際は、後日西都市から送られてくるワンストップ特例申請書用紙は、お手数ですが破棄してください。

注意事項 

 〇申請書提出時の郵送等にかかる費用は寄附者負担となります。予めご承知おきください。
 〇
他の控除(医療費控除や住宅借入金等特別控除など)の適用を受けるために確定申告をされる方や事業収入等により確定申告を行う方は、その年のすべての寄附がワンストップ特例制度の対象外になります。
  確定申告を行うと対象期間に行ったワンストップ特例申請は全て無効になりますので、ワンストップ特例申請を行った寄附分(他自治体分も)を含めて確定申告を行う必要がありますのでご注意ください。

これまでの寄附状況について

 これまでの寄附状況については、次のとおりです。

令和2年度ふるさと納税実績のご報告.pdf

平成31年度ふるさと納税実績のご報告.pdf

平成30年度ふるさと納税実績のご報告.pdf

平成29年度ふるさと納税実績のご報告.pdf

ふるさと納税紹介サイト

ふるさと納税ナビ(外部リンクへ移動します)

ふるとく(外部リンクへ移動します)

このページに関するお問い合わせ

担当部署 総合政策課
電話 0983-32-1000
お問い合わせ 総合政策課へのお問い合わせ