家庭内の感染予防に取り組みましょう

 家庭内で新型コロナウイルスに感染するケースが増えています。
 家庭内での感染拡大を防ぐためには、「こまめに手を洗う」「タオルや歯みがきのコップなどを共有しない」「大皿料理は避け、一人ずつ盛り付ける」などの取り組みが有効と考えられています。
 大切な家族を守るため、家庭内の感染予防に取り組みましょう。

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合

 ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合、家庭内で感染を広げないために次の8つのポイントにご注意ください。

 1.感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分けましょう。
 2.感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にしましょう。
 3.できるだけ全員がマスクをつけましょう。
 4.こまめにうがい・手洗いをしましょう。
 5.日中はできるだけ換気をしましょう。
 6.取っ手、ノブなどの共有する部分を消毒しましょう。
 7.汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう。
 8.ごみは密閉して捨てましょう。

正しい手の洗い方.pdf

家庭内でご注意いただきたいこと.pdf

家庭や施設内の消毒について.pdf

ご家庭でのマスク等の捨て方.pdf

関連リンク(外部リンクへ移動します)

新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(厚生労働省)

このページに関するお問い合わせ

担当部署 健康管理課
電話 (国保、高齢者医療)0983-43-0378
(健康推進)0983-43-1146
(介護保険)0983-43-3024
(地域包括ケア推進)0983-32-1028
(新型コロナウイルスワクチン接種対策)0983-35-3577、0983-35-3578
お問い合わせ 健康管理課へのお問い合わせ