【宮崎県内初】自動運転EVバスの実証実験について

令和6年度より国土交通省の「地域公共交通確保維持改善事業費補助金(自動運転社会実装推進事業)」を活用して、宮崎県内で初めて自動運転EVバスの実証実験を行います。実証実験に関する情報は、随時HPや西都市公式SNS等で発信いたします。

自動運転とは

システムが運転操作に関わる認知、判断、操作の全てを運転者に代替して行い、車両を自動で走らせることをいいます。本市では株式会社マクニカ製の車両を使用し、「自動運転レベル2」相当(車両オペレーター同乗、遠隔監視有り)での実証実験を予定しています。

実証実験車両等について.pdf

さいと自動運転推進コンソーシアム

実証実験に先立ち、本事業に必要な知見やノウハウ等を有する団体と協働連帯して事業を行っていくため、令和6年7月2日付で「さいと自動運転推進コンソーシアム」を設立しました!詳細はこちらをご覧ください。

コンソーシアム集合.JPG

参加団体:(左から)国立大学法人宮崎大学、三和交通株式会社、西都市、株式会社日南、宮崎交通株式会社、西日本電信電話株式会社宮崎支店

走行ルート(予定)

経路図.png

実証実験のスケジュール(予定)

【走行期間】令和6年11月上旬~12月下旬

【乗車可能期間】令和6年11月下旬~12月下旬

【運賃】無料

※走行ルートとスケジュールについては、現時点での予定であるため今後変更となる可能性があります。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 総合政策課
電話 0983-32-1000
お問い合わせ 総合政策課へのお問い合わせ