野外焼却は禁止されています

野外焼却は絶対にしないでください

 紙くずを燃やしたり、庭木のせん定した枝葉を燃やしたりして、近所に迷惑をかけていませんか?
 「ゴミを燃やしていてにおいがする。」「煙で窓が開けられない。」「洗濯物がよごれた。」などゴミの野外焼却に関する苦情が、多く寄せられています。
 野外焼却は、煙や臭い、灰の飛散によって近所迷惑になるだけではなく、ダイオキシン類等の有害物質発生の原因にもなり、健康や環境に深刻な影響を与えます。また、火災の原因にもなり大変危険です。野外焼却は絶対にしないでください。

例外的に認められている焼却行為

 野外での廃棄物焼却は、以下の場合に限り必要最小限度、例外的に認められています。                     しかし、例外的に認められる焼却行為であっても、近隣住民から苦情が寄せられるような場合は、焼却を中止していただきます。

【焼却が例外的に認められる場合】 (法第16条の2第3号、法施行令第14条)

 ・国や地方自治体が施設管理を行うために必要な場合:例)河川・道路管理上で必要となる草木等の焼却 など                                                  ・災害の予防・応急対策・復旧のために必要な場合:例)災害などの応急対策、火災予防訓練 など         ・風俗習慣上・宗教上の行事を行うために必要な場合:例)どんと焼き、不要となったしめ縄・門松などを焚く行事 など                                             ・ 農業・林業・漁業でやむを得ず行われる廃棄物の焼却:例)火入れ許可を受けての畔焼き、焼き畑 など     ・たき火その他日常生活で通常行われる場合で軽微なもの:例)暖をとるためのたき火、キャンプファイヤー など 

野外焼却は犯罪です

 廃棄物(ごみ等)の野外焼却は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下、「法」という。)」で禁止されています(法第16条の2)。  違反した場合には、下記の罰則が科されます。

野外焼却禁止の罰則規定 

 野外焼却を行った者は、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、又はその併科に処せられます。また、法人の場合は、3億円以下の罰金となっています。(法第25条、法32条)

野外焼却を見かけたら通報を

 野外焼却を見かけたら下記のいずれかに通報してください。                              
 なお、通報者の秘密は守ります。                             
[通報先]
 ・西都市役所 生活環境課 環境保全係(0983-43-3485)
 ・西都警察署 生活安全課 (0983-43-0110)
  ※夜間や休日、悪質な焼却行為につきましては、西都警察署へ通報してください。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 生活環境課
電話 (環境保全)0983-43-3485
(市民生活)0983-43-1589
FAX 0983-43-3687
お問い合わせ 生活環境課へのお問い合わせ