製品火災に注意してください!

製品火災とは? 

 自動車等や電気用品、燃焼機器といった、日常生活に不可欠な製品の不具合により発生した火災を、「製品火災」といいます。

  ピカピカの家電のイラスト  

 近年、充電式バッテリーを使用したコードレス家電や電動工具が普及しています。また、アウトドアブームの中、キャンプやバーベキュー時にガストーチバーナーを使用する機会が増えています。
 それに伴い、製品火災についても、互換バッテリー(非純正バッテリー)ガストーチバーナーを原因とするものが増加しており、注意が必要です。

               
 コードレス掃除機のバッテリー  電動工具類のバッテリー  ガストーチバーナー

 互換バッテリー(非純正バッテリー)は、メーカー純正バッテリーと比べ安価なものが多いですが、その反面、品質管理が不十分、安全保護装置が作動しない、といった製品不具合のリスクがあり、製品の使用時または充電時に火災が発生しています。
 ガストーチバーナーは、誤った使用、過度の使用、落下等の衝撃により本体やガスボンベが変形したまま使用、といった原因で火災が発生しています。

製品火災を防ぐための注意点

1.電気用品

 電気用品には、電気用品の安全性確保について定められた「電気用品安全法」に基づくPSEマークの表示が義務付けられています。
 電気用品の購入の際にはPSEマークの表示があるものを購入しましょう。

    PSEマーク、「丸形」と「ひし形」は何が違う? - PHILE WEB
     PSEマーク

2.互換バッテリー

 充電時や使用時に異常な発熱バッテリーケースの変形があればすぐに充電や使用を中止しましょう。
 また、互換バッテリー(非純正バッテリー)は、万が一の際、メーカー対応や補償を受けられない場合があります。メーカー純正のバッテリーを購入し使用しましょう。

3.ガストーチバーナー

 使用前にガスボンベに変形がないか、また、トーチバーナー本体に変形やひび割れがないか確認しましょう。 
 点火動作をする前に、接続部やガス調整つまみからガスが漏れていないか確認しましょう。
 ガストーチバーナー、カセットこんろの使用時の詳しい注意点は、次の(一社)日本ガス石油機器工業会作成のリーフレットを参考にしてください。

トーチバーナーをお使いの皆様へ.pdf

製品のリコール情報等について

 製品のリコール情報については、当ホームページ内「リコール関係はこちら」及び各製造メーカーのホームページで確認してください。
 また、製品火災に関する調査結果については下記の外部リンクで確認することができます。
 ・リコール関係はこちら(内部リンク)

 ・経済産業省リコール情報(外部リンク)
 ・消費者庁リコール情報(外部リンク)
 ・国土交通省リコール情報(外部リンク)
 ・独立行政法人製品評価技術基盤機構(Nite)(外部リンク・製品事故情報や製品事故注意喚起動画)

 製品を使用中に異常(振動、音、熱)が発生したら、すぐに使用を中止し、お買い上げの販売店もしくは製造メーカーに相談してください。
 製品を安全に使用するため、取扱説明書をよく読んで正しく使用し、定期的に点検するようにしましょう!

このページに関するお問い合わせ

担当部署 消防本部
電話 (総務課)0983-43-3234
(警防課)0983-43-2466
(予防課)0983-43-2477
(消防署)0983-43-3003
FAX 0983-42-3910
お問い合わせ 消防本部へのお問い合わせ