水質管理項目について

 水道水が備えていなければならない条件には、主に以下のようなものがあります。

 ・衛生的で安全であること
 ・飲用するときに不快感や不安感がないこと
 ・水道設備等に悪影響を与えないこと

 これらの条件が水道法第4条に基づく水質基準の項目において設定されています。

 この水質基準が10年ぶりに見直されたものが平成16年4月1日より施行され、シマジンなどの項目の削除、アルミニウムなどの項目の追加により新しい水質基準51項目、さらに水質管理目標設定項目も新たに導入されました。
 また、平成24年4月1日より水道法施行規則の一部改正が施行され、水質管理の信頼性確保に関する取り組みが行われました。
 本市では、これらの水質基準を満たし、安全で良質な飲料水を供給するために水質基準項目(51項目)、毎月検査項目(9項目)、省略不可能項目(23項目)、水質管理目標設定項目(26項目)の各水質検査を定期的に実施するほかに、市内給水栓9カ所で毎日検査項目として残留塩素や水の外観(色と濁り)を検査しています。

平成31年度水質試験結果一覧表.pdf

 水道事業者は、水道法の規定により毎事業年度の開始前に「水質検査計画」を策定し、公表することとされています。令和3年度の水質検査計画(案)を策定しましたので公表します。

令和3年度水質検査計画(案).pdf

このページに関するお問い合わせ

担当部署 上下水道課
電話 (総務・営業)0983-43-1325
(水道工務、下水道工務)0983-43-1326
FAX 0983-43-3164
お問い合わせ 上下水道課へのお問い合わせ