永野古墳群

県指定史跡 永野古墳群

指定年月日:昭和10年7月2日(変更:平成27年9月7日)
所在地:西都市大字三納字清田・字宮田

永野1号墳.bmp 西都市街地から西に約3.8キロメートル、東流する三納川北側の水田中(標高約16メートル)に前方後円墳の永野一号墳が、その北側150メートルの松本原台地南端尾根部(標高約32メートル)に前方後円墳の同二号墳が位置する。この2基の前方後円墳は、旧三納村域に所在し、昭和19年(1944年)に「三納村古墳」として県史跡に指定されたが、西都市史の作成にあたって、近接する2基を永野古墳群と改めることになった。
 これまで永野一号墳は前方部が低く、前方部幅も狭い柄鏡型の前方後円墳とされてきた。調査の結果、前方部は水田の攪乱によりかなり削平されていたが、やや撥方に開く形状をなしていることが明らかとなった。また、葺石も区画石を配し、内部に小ぶりな川原石を差し込む丁寧な手法を用いていることなどから、やや古手の様相を呈す。一号墳の築造時期は出土した小型丸底壺や二重口縁壺などから5世紀初頭に比定される。また、二号墳は前方部もかなり低く、台地上に立地するなどの特徴から一号墳に先行すると推測される。

引用・出典:『西都市史 資料編』
考古 古墳時代 23永野古墳群

このページに関するお問い合わせ

担当部署 社会教育課
電話 (社会教育)0983-43-3479
(図書館)0983-43-0584
(文化財)0983-43-0846
(市民会館)0983-43-5048
(まがたま館)0983-42-0952
FAX 0983-43-0399
お問い合わせ 社会教育課へのお問い合わせ