上穂北古墳群

県指定史跡 上穂北かみほきた古墳群

指定年月日:平成19年12月15日  所在地:西都市大字穂北

上穂北古墳群.jpg 一ツ瀬川の左岸茶臼原台地の南側および西側斜面を中心に、瀬江川を隔てた対岸大木原台地上や一ツ瀬川を隔てた対岸山中などには円墳5基を含む数十基の横穴墓が分布している。このうち、上江・野竹・高附地区の横穴墓35基と大木原台地の円墳5基が県指定史跡となっている。
 横穴墓の玄室は、方形プランのものが多く、円形あるいは長方形に近いものも存在する。天井部はほとんどが寄棟造りで、アーチ状のものがわずかに含まれている。特徴的なものに、玄室の天井部に同心円文の線刻が描かれた上江横穴墓(県指定14号)、玄室の四隅に柱状の半肉浮彫文を施している千畑1号横穴墓などがある。
 なお、茶臼原台地上には茶臼原古墳群(国指定史跡)が分布し、同台地南側斜面には千畑古墳(国指定史跡)、さらに、一ツ瀬川を隔てた対岸台地上には特別史跡・西都原古墳群がその偉容を誇っている。

引用・出典:『西都市の文化財』

このページに関するお問い合わせ

担当部署 社会教育課
電話 (社会教育)0983-43-3479
(図書館)0983-43-0584
(文化財)0983-43-0846
(市民会館)0983-43-5048
(まがたま館)0983-42-0952
FAX 0983-43-0399
お問い合わせ 社会教育課へのお問い合わせ