不妊治療費助成について

一般不妊治療費助成(人工授精による治療費の助成)

対象者

 ・法律上の婚姻をしている夫婦又は婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者。
 ・少なくとも夫婦のいずれか一方が申請日において西都市の住民基本台帳に記録されていること。
 ・夫及び妻が市税を滞納していないこと。


助成対象となる費用

 ・一般不妊治療(人工授精)による不妊治療に要した費用(保険適用外)
 ・一般不妊治療に関し医療機関において交付された処方箋により調剤を受けた
  薬局等に支払った費用(保険適用外)

助成金額

 1回10万円まで

助成期間

 一般不妊治療を開始した日の属する月から起算して24月以内
 (やむを得ず一般不妊治療を中断した場合には、当該中断した期間を考慮)

助成回数 

 1年度あたり1回

申請期限

 一般不妊治療を終了した日から6月以内

申請に必要なもの

 ・西都市一般不妊治療費助成金交付申請書(様式第1号)
 ・西都市一般不妊治療費助成金交付医療機関証明書(様式第2号)
 ・西都市一般不妊治療費助成金交付薬剤支払証明書(様式第3号)
 ・医療機関等発行の領収書
 ・市税を完納していることを証する書類(完納証明書)※夫婦分
 ・住民票(続柄・住所が明記してあるもの)
 ※夫婦のうちいずれか一方が西都市外の住民である場合(1)、(2)が必要
  (1) 西都市の住民である方の住民票
  (2) 戸籍謄本
 ※婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある場合(3)~(5)が必要 
  (3) 西都市の住民である方の住民票
  (4) 夫婦それぞれの戸籍謄本
  (5) 事実婚関係に関する申立書・治療により出生した子の認知についての誓約書(様式第4号)   

 様式第1号(一般不妊治療).pdf  様式第2号(一般不妊治療).pdf     

 様式第3号(一般不妊治療).pdf  様式第4号(一般不妊治療).pdf

申請方法

 申請に必要なものを下記へ郵送またはご持参ください。
 ※申請をされる際には、事前にお電話をいただくと助かります。
 
 <お問い合わせ・申請窓口>
 〒881-8501
 西都市聖陵町2丁目1番地 西都市健康管理課健康推進係
 電話:0983-43-1146

特定不妊治療費助成
(体外受精又は顕微授精による治療費の助成)

対象者

 ・宮崎県特定不妊治療費助成金給付要綱に基づく助成を受けた方
 ・律上の婚姻をしている夫婦又は婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係を同様の事情にある者。
 ・少なくとも夫婦のいずれか一方が、申請日において西都市の住民基本台帳に記録されていること。
 ・夫および妻が市税を滞納していないこと。

助成金額

 ・1回15万円まで(治療により7万5千円まで)
 ・男性不妊治療は1回5万円まで

助成期間及び回数

 宮崎県特定不妊治療費助成金給付要綱に基づく

申請期限

 特定不妊治療を終了した日から6月以内 

申請に必要なもの

 ・西都市特定不妊治療費助成金交付申請書(様式第1号)
 ・宮崎県特定不妊治療費助成金給付決定通知書の写し
 ・宮崎県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
 ・宮崎県男性不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
 (※宮崎県要綱第4条第2項に規定する男性不妊治療費を申請する場合)
 ・市税を完納していることを証する書類(完納証明書)※夫婦分
 ・住民票 
  ※夫婦のうちいずれか一方が西都市外の住民である場合は、西都市の住民である方の住民票のみ必要。

 様式第1号(特定不妊治療) .pdf

申請方法

※申請をされる際には、事前にお電話をいただくと助かります。
<お問い合わせ・申請窓口>
〒881-8501
西都市聖陵町2丁目1番地 西都市健康管理課健康推進係
電話:0983-43-1146




このページに関するお問い合わせ

担当部署 健康管理課
電話 (国保、高齢者医療)0983-43-0378
(健康推進)0983-43-1146
(介護保険)0983-43-3024
(地域包括ケア推進)0983-32-1028
(新型コロナウイルスワクチン接種対策)0983-35-3577、0983-35-3578
お問い合わせ 健康管理課へのお問い合わせ