被災産地営農継続緊急支援事業(県単事業)の受付について

宮崎県では令和4年台風第14号により甚大な被害を受けた産地に対し、被災産地営農継続緊急支援事業を実施します。
支援内容や受付等については次のとおりです。

営農継続支援事業
被災した作物の栽培再開や作物転換を図るための支援を行います。
1.交付額
 次の標準単価に被災ほ場面積を乗じた額とします。
(1)施設園芸作物(定植後のものが対象で果樹は除く)
  □栽培再開(植替)、作物転換(他作物の作付) 10アール当たり15万円
  □栽培再開(植替なし) 10アール当たり8万円
(2)露地作物(飼料作物及び果樹は対象外)
  □栽培再開(播き直し、植替)、作物転換(他作物の作付) 10アール当たり2万円 
2.補助対象の要件
(1)市が認めた被災ほ場での栽培再開(植替、播き直し)や作物転換
(2)市が被災により30%以上の収穫量の減少が見込まれると認めた被災ハウスでの栽培再開(植替なし)
3.交付額の算定方法
 交付額は農業者ごとに算定し、交付対象面積の合計に1アール未満の端数があるときは切り捨てにより算定します。

被災施設等復旧支援事業
被災により機能が低下した共同利用施設(集出荷貯蔵施設、乾燥調製施設等)の補修や修繕を支援します。
1.補助率
 2分の1以内。ただし、建物共済等の共済金が支払われる場合は、支払共済金と交付額の合計が事業費の2分の1以内となるように算定します。
2.補助対象の要件
(1)令和4年9月17日以降の取り組みであること
(2)国の農地・農業用施設災害復旧制度の対象とならない施設等であること
(3)補修や修繕に要する経費(事業費)が10万円以上であること
3.交付額の算定方法
 交付額は千円単位とし、千円未満の端数があるときは切り捨てにより算定します。

必要書類等
(1)印鑑
(2)通帳
(3)被災状況の判るもの(写真や苗の購入伝票等)
(4)補修や修繕に金額及び内容を判る書類(被災施設等復旧支援事業に限る)

受付等
 国の肥料価格高騰対策事業の受付時(11月14日から12月2日)に併せて受付を行いますが、対象となる方で受付が済んでいない方におかれましては、市役所農林課に12月12日(月)までにお越しください。


 

 

このページに関するお問い合わせ

担当部署 農林課
電話 (農政企画係・農業創生係)0983-43-0382
(園芸特産係)0983-32-1003
(農地対策係・農村整備係)0983-43-3432
(林務係)0983-32-1013
(農畜産振興係)0983-43-1153
(地籍調査係)0983-43-1061
お問い合わせ 農林課へのお問い合わせ