妻高創立100周年記念事業「夢応援奨学金」寄附募集

■寄附募集中

宮崎県立妻高等学校が行う創立100周年記念事業「夢応援奨学金」の資金調達として、ふるさと納税クラウドファンディングが活用されることになりました。
皆様のご寄附が大切な資金となります。募集期間は7月1日(金曜日)~9月29日(木曜日)です。ぜひ温かいご支援をお願いいたします。

 ▼寄附はこちらから
 ふるさと納税クラウドファンディング(外部リンクへ移動します)

現校舎.JPG

宮崎県立妻高等学校は、大正12年県立妻中学校として創立されました。平成30年度には西都商業高校と統合して市内唯一の高校となりました。

しかし近年は少子化の影響や私立高校への流出、県立高校の校区撤廃などで定員確保が厳しい状態です。

これまで地域の人材育成の要となってきた「妻高」。進学者が減ることは町の活気や、将来地域を支える人材を失う恐れがあります。

そこで、より魅力ある学校として輝き続けるために、100周年を記念事業「夢応援奨学金」が企画されました。

6月旧制妻中学校_1.jpg

今回のご支援は、100周年記念事業の1つとして創設される妻高夢応援奨学金事業の費用に充てさせていただきます。

この事業は、生徒に夢・進路実現に向けて意欲的に取り組み、より高みを目指す励みにしてもらうために、優秀な成績をあげた生徒に対して、奨学金を給付します。

○いただいた寄附金を市から妻高校OB・OG会である「聖陵会」へ寄附します。
○「聖陵会」は奨学金基金として積み立てます。
○毎年、高校が「難関大学合格者」、「各学科・コースの成績優秀者」、「将来西都市を活性化させ、持続可能な社会づくり貢献をしたいと強く願い、在学中の活動が顕著で勉学にも集中して取り組んでいる者」などの中から生徒を推薦します。
○推薦を受けて「聖陵会」が判断した生徒に奨学金が給付されます。

・給付型奨学金 年度毎 50万円 (上記該当者に配分) 
        ※当事業を10年間行います。

主将集合写真(妻).jpg

■ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

寄附金は、ふるさと納税による税額控除を受けられます。なお、市民の皆さんも対象です。
特産品等の返礼品はございませんが、5000円以上ご寄附いただいた方には記念パンフレットと生徒直筆のメッセージをお送りします。

皆様のお気持ちを届け、妻高のために活用させていただきます。
ぜひ、多くの皆様からの温かいご支援をお待ちしております。

 ▼寄附はこちらから
 ふるさと納税クラウドファンディング(外部リンクへ移動します)

②QRコード.jpg

このページに関するお問い合わせ

担当部署 総合政策課
電話 0983-32-1000
お問い合わせ 総合政策課へのお問い合わせ