ロタウイルスワクチンの定期接種化について

 令和2年10月1日(木曜日)からロタウイルスワクチン予防接種が定期接種化されます。
 (定期接種費用は、西都市から支払われますので、無料で接種可能です。)

 定期接種の対象となるのは、令和2年8月1日(土曜日)以降に生まれた0歳児です。

◎定期接種として接種を希望される場合は、令和2年10月1日(木曜日)以降に接種を受けてください。

 定期接種の対象であっても生後6週0日となる令和2年9月12日(土曜日)から予防接種を受けることができます。ただし、令和2年9月30日(水曜日)以前の接種は定期接種(無償)ではなく、任意接種(有償)としての取り扱いになりますのでご注意ください。(任意予防接種費用助成制度がご利用できます。)
 なお、任意接種として初回接種を令和2年9月30日(水曜日)以前に受けた場合でも、2回目以降は令和2年10月1日(木曜日)以降となるため、2回目以降は定期接種として接種を受けることができます。

令和2年7月31日(金曜日)以前に生まれたお子さんは、定期接種の対象とはなりませんので、接種を希望される場合は、任意接種(有償)をご検討ください。(任意予防接種費用助成制度がご利用できます。)

ロタウイルスの任意予防接種費用助成制度について

ワクチン ロタリックス(1価) ロタテック(5価)

接種対象者
生後6週~24週のお子さん
(1回目は生後6週以後、2回目は4週間以上の間隔をあけて生後24週までに完了)
生後6週~32週のお子さん
(1回目は生後6週以後、2回目、3回目は4週間以上の間隔をあけて生後32週までに完了)
接種回数 2回 3回
助成額 1回につき10,500円 1回につき7,000円
接種費用(※) 約13,000円~14,000円 約9,000円~10,000円

※接種費用は医療機関により異なりますので、直接、医療機関にお問い合わせください。

【助成の方法】
・西都市内の小児科で接種する場合、「任意予防接種費用助成金申請書」を記入し、接種費用から助成額を引いた額を病院にお支払いください。
※印鑑・保険証・母子健康手帳をご持参ください。

・西都市外の小児科で接種する場合、接種費用を一旦病院に全額支払った後に、市役所健康管理課で申請及び請求をしてください。(手続き完了から申請者の口座へ振り込まれるまで3週間程度かかります。)
※印鑑・医療機関発行の領収書・母子健康手帳・振込を希望する通帳をご持参ください。
※申請期限は任意予防接種後1年以内です。

【お問い合わせ】

 健康管理課 健康推進係 43-1146(直通)

このページに関するお問い合わせ

担当部署 健康管理課
電話 (国保、高齢者医療)0983-43-0378
(健康推進)0983-43-1146
(介護保険)0983-43-3024
(地域包括ケア推進)0983-32-1028
FAX 0983-41-1382
お問い合わせ 健康管理課へのお問い合わせ