令和元年10月1日からの保育料無償化について

令和元年10月1日から保育料無償化が始まります

 令和元年10月1日から、保育料無償化が始まります。
 これにより、3歳になってから初めて迎えた4月1日から小学校入学までの3年間、保育園や認定こども園の利用料が無償化されます。対象となる子どもは自動的に保育料が10月から無償となりますので、特に手続きは必要ありません。
※住民税非課税世帯の子どもについては、0歳から無償化の対象です。

対象となる子ども

○認定こども園を利用する子ども(1号認定)
○保育園・認定こども園を利用する年少・年中・年長クラスの子ども(2号認定)
○住民税非課税世帯で、保育園・認定こども園を利用する未満児クラスの子ども(3号認定)

無償になるもの

保育園・認定こども園の毎月の利用料(保育料・利用者負担額とも呼ばれるもの)
※各施設が徴収している送迎料や行事料、入園料などはこれまでどおり無償化の対象外です。

無償化に伴う、副食費の実費負担について

 今まで、2号認定の子どもの副食費(おかず・おやつ代)は、保育料に含まれていました。
 10月以降は保育料が無償となりますが、副食費は無償にならないため、別途、副食費を徴収することになりました。副食費については、下記のとおり免除制度があります。
 なお、主食費については、これまで同様、施設に直接、実費か米等の現物で支払います。

【副食費の免除について】

★階層A~D2-2までの世帯の1号認定の子どもは全員免除
★階層A~D1-3及びD2-1の世帯の2号認定(年少クラス以上)の子どもは全員免除
★第3子以降の子どもは免除(子どものカウント方法は従来と変わりません)

1号認定の子どもの預かり保育について

 1号認定の子どもが、教育時間を超えた分の預かり(預かり保育)を利用する場合は、月額11,300円まで無償となる制度も始まります。ただし、両親が就労しているなど、保育の必要性がある世帯に限るため、「認定申請書」の提出が必要です。
 なお、預かり保育の無償化については、いったん保護者が施設に保育料を支払った後、その領収書を添えて市に申請すると返還される「償還払い」となります。詳細は、福祉事務所保育係までお尋ねください。

保護者の皆さんへ

 8月下旬に、保育園・認定こども園を利用しているすべての保護者に、9月からの保育料切り替えの通知書を、施設を通してお届けしています。10月以降の保育料無償化の対象となる子どもについては、通知書の「月額負担額及び納付方法」の欄に、「2019年10月以降は国の制度改正により無償になります」と記載されていますので、ご確認ください。

 10月以降の保育料や副食費については、下記の一覧表でご確認ください。

令和元年10月以降の利用料負担額(保育料)一覧表.pdf

このページに関するお問い合わせ

担当部署 福祉事務所
電話 (保育)0983-43-0376 (高齢者福祉)0983-32-1010 (障害福祉)0983-43-1206 (保護)0983-43-1245 (子育て支援)0983-32-1021
FAX 0983-41-1678
お問い合わせ 福祉事務所へのお問い合わせ