マダニによる感染症に注意!

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)を予防しましょう!

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、SFTSウイルスに感染することによって引き起こされる感染症で、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることによって感染すると言われています。これからの季節、野外での活動も増えることが考えられますので、予防対策をしっかり行い、マダニに咬まれないようにしましょう。

感染経路

 多くの場合、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染します。

症 状

 マダニに咬まれ6日から2週間程度の潜伏期間を経て、主に発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)がみられます。時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全症状、出 血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が出現します。

感染予防法

 草むらや藪など、マダニが生息する場所に入る場合は、長袖、長ズボン、足 を完全に覆う靴、帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等、肌の露出を少なくしましょう。服は明るい色のもの(マダニを確認しやすいため)を着用しましょう。DEET(ディート)という成分を含む忌避剤は、補助的な効果があります。マダニに咬まれた後に発熱等の症状があった場合は、医療機関を受診しましょう。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 健康管理課
電話 (国保、高齢者医療)0983-43-0378 (健康推進)0983-43-1146 (介護保険)0983-43-3024 (地域包括ケア推進)0983-32-1028
FAX 0983-41-1382
お問い合わせ 健康管理課へのお問い合わせ